デメリット

ヘッダー

個性が強すぎることのデメリット

これからもデメリットとなり得る種類とは個性的な名前のことを指します。

実は最近キラキラネームのついた子供が多いということでネットで話題になっているのですが、個性を通り越して変ものになっているものも多く存在しています。

これは親のエゴであったり子供が将来教室で名前でイジメられるということで否定的に取られることもありますが、これが多くは親御さんの願いや希望を込めたものが多く心がこもっています。

基本的には子供にはあまりにもデメリットで否定的な名前ではない限りは、今の所どのような例を付けてもいいという決まりになっています。

そして漢字も人名用漢字として制定されているものであればどのように読んでも構わないため、これが、通常ではこのような読み方をしないというものも多くなり、これは漢字を見ただけで読むのが困難な場合もあるのです。

世の中にどのような種類があるのかを知りたい方は辞典を見てみるといいでしょう。

ネットには実際に存在するデメリットの例を紹介しているサイトがありますので、まずは見てください。

辞典のようにあいうえお順に見る事ができます。

ちなみに辞典の中にはどのようなものがあるのでしょうか。


親のエゴによる不一致のデメリット

例えば宇宙という名前がありますが、これはそのまま読むと、うちゅうになりますが実際はコスモと読むのです。

宇宙は英語ではコスモと言うためです。

デメリットは実はこのような系統の名前は結構多く他にも海と書いてマリンと読むものもあるのです。

他にも明日と書いてともろうというのもあります。

日本語の漢字を英語で読むというのは親御さんが将来的には子供にグローバルな人間になってほしいという願いが込められているのです。

あと逆に外国人のスペルを漢字にしているものもあります。

元々マリやケントなど日本人としても外国人としても通用する種類は昔からありますが、デメリットはこの場合は明らかに外国人の例を漢字にしています。

例えばシルビアというものを知美亜にするという風変わりのもあるのです。

キラキラネームは他にもエイミーを詠美にするというのもあります。

あと少し珍しい例としてはマシューを摩周にするというのもあるのです。

案外デメリットとして外国人の名前も漢字にしてみると違和感がない場合もあります。

期待が大きすぎて嫌になるデメリットも子供にはある

そして最近多いのは二つの漢字を使った場合、デメリットは読みの一部を切り取って使うというものです。

例えば心美という時や心愛という種類の場合、ここみやここあと読みますが、本来は心と言う漢字はこころと読み、ここという読みはありません。

それを一部切り取ってここだけを使って名前にしているのです。

そして愛という字は本来はあいと読みますがこれも「あ」だけと取ってキラキラネームとして使っています。

辞典を見てみるとこのような読み方もあるということがわかるのです。

他にも非常に珍しいものと言えばとんちのきいたものもデメリットがあります。

「波波波」というのがあるのですが、これはサンバと読むのです。

何故サンバなのかと言いますと波という字はバという読み方をすることもありますが、これが三つあるので三個のバ、つまりサンバになるのです。

あと他にも七音と書いて「どれみ」というものもあります。

これももちろん本来はどれみとは読みませんが、音階のことをドレミと言う場合があるので七音としているのではとデメリットで思われます。

架空の人物やキャラクターを取り入れたものもありますが、これは親御さんが好きなキャラクターにあやかっていることが多いのです。

とはいえ全く同じ名前にするわけにはいかないので当て字のようなものを付けていることがほとんどです。

難解なのにも中にはありますが珍しいものは他の人と、あまりかぶる事は有りませんし、子供の中には世界に一つしかないことを誇りに思うこともあるのです。

デメリットも本当に子供が喜んでいればいいのではと思います。