一覧

ヘッダー

流行やランキングなどの一覧は危険です

今ではネットでも一覧で挙げられているようにDQN(ドキュン)ネームとも呼ばれていて、常識で考えると、子どもの名前としてつけるのはためらわれるものや、本来の漢字の読みからは全く連想できない読み方をする当て字を使うなど、非常に読みづらい名前に対して用いられるスラングです。

日本の戸籍法では、人名について常用漢字と人名用漢字の使用しか認められていませんが、また漢字の読み方に規程は設けられていません。

そのため、子どもの将来とアイデンティティーを守るため、一覧にもあまりにも不吉な漢字や読み方をする名前、下品な印象を与える名前は、届け出をしても受理されない場合がありますが、決められた漢字を使いさえすれば、親の好きな読み方の名前がつけられることになります。

オリジナリティー溢れる、その子どもだけの名前をつけてやりたいという気持ちから、これが2000年代に入って、更に実際にキラキラネームを子どもにつける親が急激に増加しており、その多様さから一覧も作られています。

漢字の一覧から選んではいけないものを見つける

今となってはキラキラネームと呼ばれる名前の一覧の表を見てみると、最速(たくみ)、香生理(かおり)などの名前としては以前から使用されていた読み方ですが、表記に使われている漢字の組み合わせが全く異なるもの、苺愛(いちあ・べりーあ)、心愛(ここあ)・頼音(らいおん)などの外来語やもともと外国語由来の単語でカタカタ表記される読み方のもの、叶夢(とむ・どりむ)、匠音(しょーん)などの外国人名を音訓読みのみ考慮して漢字で当て字したもの、黄熊(ぷう)、今鹿(なうしか)、琉絆空(るきあ)などのアニメ・ドラマ・映画・ゲームなどの登場人物名や登場する人気キャラクターの名前を当て字したもの、七音(どれみ・おんぷ)、男(あだむ)などのもとの言葉から連想される漢字で当て字したもの、希星(きらら・きてぃ)、妃(きさき・きらり)などの文字のイメージで漢字を組み合わせたもの、本気(まじ・りある)などの日常でよく使われているスラングの当て字などの名前が多く並んでいます。

中には、よくつけられているものではありませんが、一覧には、聖戦(じはーど)や大麻(たいま)のような、子どもにとっては、どう考えても将来も不利益になりそうな可能性のある名前や、大賀寿(たいがーす)、士恵大(じぇだい)などの親の嗜好や趣味のみで名付けられたもの、のんのん、歩木鈴(ぽこりん)などの通常はニックネーム等であるべき名前をつけているものなど、さらには漢字や読み方で、一見すると性的な意味合いを感じさせたり、自分の出生を疑いたくなるものもあります。

今は良い一覧の名前も何がきっかけでDQNになるかはわからない

もともと、一覧ではの人とは重なることのない珍しい名前をつけることが目的であるため、このような名前の種類は本当にたくさんありますが、子どもの将来が幸多いものであったり、困難に会っても諦めずに立ち向かって生きていけるようにとの願いを込めて、名前をつけているようには見えないものも多くあり、親が子どもの名前で遊んでいるように見えることさえあります。

そのことは、このような風変わりな名前が世間で批判的に考えられている理由の一つでもあります。

また、企業の採用担当者は、応募者の名前がキラキラネームであるだけで、この一覧でも本人に会う前から、名前と同じように本人も非常識な人物なのではないかとか、そんな名前をもつ人は能力が低いのではないかとか、名前がコンプレックスで人間関係の構築が下手だったり、何か厄介ごとを社内に持ち込んで来るのではないかなどと考えて採用を控えようとするため、就職活動が成功しにくくなる可能性があります。

また、世間的にもそのような名前を子どもに名付けた親の約1割が、普通の名前にしておくのだった、と後悔を感じたことがあるとの一覧やアンケート集計もありますし、自分の名前が恥ずかしくて改名したというケースもあります。